*
ホーム > 加工工程キャパシティ > 上海凱赫
*アルミ押出素形材1
素材鍛造
*押出成形
押出成形機を用いてアルミニウムのビレットを加熱,金型から押し出してつくられたアルミ材です。
特性:
長所:金型は安価,強度は鍛造とダイカストの間。表面処理の陽極酸化処理の色は多様化可能で,アルミ材に最適。
短所:形状の複雑すぎるものは不可能。
代表的な製品:アルミサッシ,放熱片,光電製品,管材。
*MC(マシニングセンター)加工
コンピュータ数値制御マシニングセンター:不規則形状を加工します。120*120*120mm内の加工範囲及び四軸加工を専門的に行います。カスタマー化した取付具・治具及びツールを用います。加工精度は±0.01mm。
*組立,焼付塗装,出荷
焼付塗装:一般の焼付塗装は,塗装膜に耐久的な機能を提供します。即ち,耐摩擦性,耐衝撃性,密着性,靭性,耐腐食性,耐化学薬品性等を含んだ機能です。
*アルミニウムダイカスト素形材2
素材鍛造
*アルミニウムダイカスト素形材
ダイカストは,溶融した金属を金型内に注入し複雑な形状の鋳物をつくる方法で,大量生産できます。
特性:
長所:ダイカストで成形した素形材のサイズは完成品に最も近いため,最も経済的なアルミニウム材生産方式でもあり,機械での加工切削量を減少できます。
短所:ADC材質に制限され,強度は理想的でなく,陽極酸化処理での色は多様化できません。焼付塗装可能。量産しかできない。
代表的な製品:散熱片、光電產品、電機零件、氣動工具零件。
*MC(マシニングセンター)加工
コンピュータ数値制御マシニングセンター:不規則形状を加工します。120*120*120mm内の加工範囲及び四軸加工を専門的に行います。カスタマー化した取付具・治具及びツールを用います。加工精度は±0.01mm。
*黑色陽極酸化処理、出貨
陽極:通常の陽極酸化処理は「装飾性陽極酸化処理」とも呼ばれ,陽極処理された膜厚は約6µから15µ 前後。その特性は,アルミ材表面に,はっきりした耐腐蝕性の表面を一層形成し,並びに,顧客のニーズに応じて光沢処理か非光沢処理を行います。形成される表面が多孔質であるため,浸透性に優れ,多様な色の変化が可能であるのが一般的な陽極酸化処理の特徴で,アルミニウム材を原料とする製品には最良の外観保護ができます。金属の光沢と美観に優れ,物品の錆びと磨耗を防止し,伝導率・潤滑性・強度・耐熱性を向上させ,熱処理により浸炭と窒化を防ぎます。
*銅鍛造素形材3
素材鍛造
*銅鍛造素形材
長所:外形は工具に近く,材料費及び加工費を節約できます。表面の陽極酸化処理の色は多様化可能で,高強度。
短所:金型費が若干高価。
代表的な製品:自転車のクランク,航空機用シートのアルミニウム鍛造品,猟銃用照準器本体。
純銅は,高導電性を有し,その次は銀,銅は幅広く電気工業に応用されています。金属製の銅具は延展性及び可鍛性に優れ,熱や電気の良導体です。その導電性は銀(Ag)に次ぐものであるため,電線やスイッチ等の電気設備に常用されます。
*MC(マシニングセンター)加工
コンピュータ数値制御マシニングセンター:不規則形状を加工します。120*120*120mm内の加工範囲及び四軸加工を専門的に行います。カスタマー化した取付具・治具及びツールを用います。加工精度は±0.01mm。
*MC(マシニングセンター)加工,艶出し,出荷
艶出し:表面に涼しさと輝き滑らかな感じを持たせ,艶出し後は,強く光輝く感じと光線の屈曲が生じます。これらの特性を利用して製品に変化をもたらすことができます。
*アルミニウム棒押出素形材3
素材鍛造
*アルミニウム棒押出素形材
押出成形機を用いてアルミニウムのビレットを加熱,金型から押し出してつくられたアルミ材です。
特性:
長所:金型は安価,強度は鍛造とダイカストの間。表面処理の陽極酸化処理の色は多様化可能で,アルミ材に最適。
短所:形状の複雑すぎるものは不可能。
代表的な製品:アルミサッシ,放熱片,光電製品,管材。
*MC(マシニングセンター)加工1
コンピュータ数値制御マシニングセンター:不規則形状を加工します。120*120*120mm内の加工範囲及び四軸加工を専門的に行います。カスタマー化した取付具・治具及びツールを用います。加工精度は±0.01mm。
*MC(マシニングセンター)加工2
コンピュータ数値制御マシニングセンター:不規則形状を加工します。120*120*120mm内の加工範囲及び四軸加工を専門的に行います。カスタマー化した取付具・治具及びツールを用います。加工精度は±0.01mm。
*MC(マシニングセンター)加工3
コンピュータ数値制御マシニングセンター:不規則形状を加工します。120*120*120mm内の加工範囲及び四軸加工を専門的に行います。カスタマー化した取付具・治具及びツールを用います。加工精度は±0.01mm。
*ペンチの押出素形材3
素材鍛造
*ペンチの押出素形材
押出成形機を用いてアルミニウムのビレットを加熱,金型から押し出してつくられたアルミ材です。
特性:
長所:金型は安価,強度は鍛造とダイカストの間。表面処理の陽極酸化処理の色は多様化可能で,アルミ材に最適。
短所:形状の複雑すぎるものは不可能。
代表的な製品:アルミサッシ,放熱片,光電製品,管材。
*ペンチの旋盤加工
CNC(コンピュータ数値制御)旋盤:外径 ø3mm~ ø250mm,長さ1~600mm,ø15~ø80mmの範囲内の加工を専門に行います。精度 ± 0.005mm。切削工具には,多結晶ダイヤモンドツールを採用しているため,外観及びねじ切り加工でははっきりした外観やねじ山をつくります。また,特殊な取付具と治具で挟み込む故,変形を防ぎ,工具サイズの精度および外観やねじ山の品質を確保します。
*桿鉗MC加工
コンピュータ数値制御マシニングセンター:不規則形状を加工します。120*120*120mm内の加工範囲及び四軸加工を専門的に行います。カスタマー化した取付具・治具及びツールを用います。加工精度は±0.01mm。
*ペンチの陽極酸化処理
通常の陽極酸化処理は「装飾性陽極酸化処理」とも呼ばれ,陽極処理された膜厚は約6µから15µ 前後。その特性は,アルミ材表面に,はっきりした耐腐蝕性の表面を一層形成し,並びに,顧客のニーズに応じて光沢処理か非光沢処理を行います。形成される表面が多孔質であるため,浸透性に優れ,多様な色の変化が可能であるのが一般的な陽極酸化処理の特徴で,アルミニウム材を原料とする製品には最良の外観保護ができます。金属の光沢と美観に優れ,物品の錆びと磨耗を防止し,伝導率・潤滑性・強度・耐熱性を向上させ,熱処理により浸炭と窒化を防ぎます。